「3:1パターン」による速弾きの動画をアップしました!

こんにちは、ぢゃっくです。

少し時間が経ってしまいましたが、やっとスリーフィンガー・レイキングの「3:1パターン」による速弾きの動画をアップしました。

【ビリーシーンスタイル】3:1レイキングによる速弾き

ふたつのパターンを収録しました。

ひとつ目は、Talas時代の「Hick Town」という曲のイントロをモチーフにしたフレーズです。高音と低音がずれて下降していくので、それぞれのパートが独立しているような印象になっていると思います。

ふたつ目は、下記の記事で解説したDavid Lee Roth時代の「Bottom Line」のベース・ソロをモチーフにしたフレーズです。

関連記事⇒高速上昇フレーズをレイキングで弾く!

まだまだノイズが多くて恐縮ですが、少しでも雰囲気でてたら嬉しいです・・・。ポジション移動しながら弾くのが難しくて、まだ原曲にはついていけないです。(^^;)

それにしても、この速弾きパターンは、一般的なレイキングの概念からは到底思いつかないですよね。ビリーの柔軟な発想力に驚かされます。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。もし共感していただけましたら、応援クリックをお願いします。


人気ブログランキングへ

お問い合わせは、コチラからお気軽にどうぞ。


ぢゃっく

独創的ベースプレイヤー「ビリーシーン」が大好きで、彼のプレイスタイルを研究して30年以上になります。2019年秋から原因不明の眩暈と手足の脱力に悩まされており、現在療養中ですが、少しずつでも更新していきたいと思います。

ぢゃっくをフォローする
下降なら!レイキング
ぢゃっくをフォローする
ビリーシーンスタイル・ベースの探求

コメント

  1. バッドビリー より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんばんは。
    レイキングはビリー的速弾きには不可欠な技ですよね。
    3フィンガーピッキングって意外と同弦でのピッキングがクローズアップされがちですが僕的には今回のレイキングや弦飛びがシッカリ安定して弾けるかも重要なポイントだと思います。
    今まであまり考えずにレイキングしていましたが「1:3」、「2:2」、「3:1」の3パターンだったんですね。(笑)

  2. ぢゃっく より:

    SECRET: 0
    PASS: a63c757be49bbd040ad046f6fadce135
    バッドビリーさん

    こんばんは。いつもコメントありがとうございます。

    > レイキングはビリー的速弾きには不可欠な技ですよね。

    はい。そうだと思います!

    > 3フィンガーピッキングって意外と同弦でのピッキングがクローズアップされがちですが僕的には今回のレイキングや弦飛びがシッカリ安定して弾けるかも重要なポイントだと思います。

    そうなんです。同弦の速弾きももちろん凄まじいものがあるのですが、実は、スリーフィンガーのレイキングを限界まで極めたのがビリースタイルの1つなのかなと思います。あえて、ツーフィンガーでレイキングする場面もあるので、そのあたりもまとめていきたいです。

    あと、弦飛び。オクターブ・ピッキングやツーフィンガー+薬指という動きのことで合ってるでしょうか?これもビリースタイルの特徴なので、ぜひ取り上げていきたいですね。

    > 今まであまり考えずにレイキングしていましたが「1:3」、「2:2」、「3:1」の3パターンだったんですね。(笑)

    もしかしたらもっと多彩なのかもしれないです(笑)。とりあえず。(^^;)

    またよろしくお願いします!

タイトルとURLをコピーしました