とんでもないモノを作った人がいました!

こんにちは、ぢゃっくです。

YouTubeでリサーチ(笑)していたら、すごい動画を見つけましたのでシェアしますね。

▼ある人が作ったとんでもないモノ

それは・・・

あの「ワイフ」ベースの超精密レプリカなんです!

「ワイフ」と言えば、ビリーがTalas時代からDavid Lee Roth時代に愛用していたもので、ビリー本人が「他の何物にも代えがたい」というほど大切にしているベースです。

ビリーの公式サイトに画像がありました。

●Fender P-Bass “The Wife”

元はフェンダー・プレシジョンなのですが、ネックから何から改造しまくっている上に、かなり使い込まれているので、見た目はボロボロですね。(^^;)

で、こちらの動画をご覧ください。

●Billy Sheehan Wife Bass Replica Movie

いかがでしょうか?

シールや古傷など汚れまで再現されたその半端ないクオリティには、ただただ驚くばかり・・・信じられないです。

BGMが「NV43345」なのがまたイイですね。(^^*)

作者は Jon Willis という方。

彼のYouTubeチャンネルには、他にも制作過程の動画などもアップされていて、興味深いです。

▼まだまだスゴイです

このレプリカ・ベースですが、凄いのは見た目だけではありません。

ピックアップなども完全に合わせてあり、サウンド面も完璧なのです。

実際、ヤマハのクリニックで、ビリー本人に弾いてもらっている動画もあります!

●Yamaha Attitude Day Sept. 15th 2012, Billy Sheehan trying a Copy Bass of his famous “Wife” bass.

0:57あたりから始まるDavid Lee Rothの名曲「Yankee Rose」の間奏リフがカッコいいです。当時のライヴを彷彿とさせますね。(このリフ好きなんですけど、4弦をDに落とすので練習したことない・・・)

ビリー本人曰く、「フィーリングも音も似ている」のだとか。

いやはや。本当にスゴイ人がいるものですね。(^^;)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。少しでも共感していただけたら嬉しいです。ご意見・ご感想は、こちらからお気軽にどうぞ。

●メールマガジンも始めました!
⇒ ビリーシーンのプレイスタイルの研究を始めて幾年月

ぢゃっく

独創的ベースプレイヤー「ビリーシーン」が大好きで、彼のプレイスタイルを研究して30年以上になります。2019年秋から原因不明の眩暈と手足の脱力に悩まされており、現在療養中ですが、少しずつでも更新していきたいと思います。

ぢゃっくをフォローする
ビリーの使用機材について
ぢゃっくをフォローする
ビリーシーンスタイル・ベースの探求

コメント

  1. バッドビリー より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんばんは。

    ここまで完璧に再現されるとビリーも感心の一言でしょうね!
    僕も現在のメイン機の前はプレベをステレオ出力にしてPUもハムバッカーとプレベにしてほぼ「ワイフ」使用で使ってました。
    今はほぼ引退してますが手入れしてまた現場復帰させてあげようと思ってます。
    でも音作りが2台分になるのでなかなか大変ですが・・・。(笑)

  2. ぢゃっく より:

    SECRET: 0
    PASS: a63c757be49bbd040ad046f6fadce135
    バッドビリーさん

    こんばんは。いつもコメントありがとうございます。

    ステレオ出力&ハムバッカー追加の改造を実際にされていたんですか!
    すごいです・・・僕は改造とか全然できません。(^^;

    まさしくバッドビリーさんの「ワイフ」ですね。

    それぞれの音がするものなんでしょうね。
    特性(個性?)が違うと、愛着がわきますよね。

    またよろしくお願いします!

タイトルとURLをコピーしました