「Oblivion」イントロの高速ユニゾンはどう弾くの?

こんにちは、ぢゃっくです。

ピンポイント解説シリーズの新しい動画をアップしました。

今回取り上げたのは、ワイナリードッグス「Oblivion」のイントロ部分の高速ユニゾンです。

アルバム冒頭からいきなり始まる、このスピーディかつトリッキーな圧巻のユニゾン・プレイは、強烈なインパクトがありますね(^o^*)。

こういう速くて音が飛ぶようなフレーズを聴き取るのが苦手なので、音源を聴いただけだと、全く取り組む気が起きなかったと思います(笑)。

実際にビリーが弾くのを見ると、絶対真似できない超絶技巧・・・というほどでもなかったのが、意外と言うか目からウロコでした。

関連記事⇒【ドッグキャンプ報告】 「Oblivion」のイントロはこう弾いてます♪

▼ピック弾きだと難しい?

右手の動きは、シンプルです。

1弦→2弦を同じ指で連続して弾くレイキングを使いますので、このイントロ全体を通して、指1本で弾けてしまうんですね(^o^)。

逆にピックでは弾きにくいフレーズかもしれませんね。

ギターでエコノミーとかスウィープが得意な方は問題ないと思いますが、ベースでピック弾きの方にはちょっと慣れないピッキングになるかも?

指弾きの人には実は簡単で、ピック弾きの人には難しい・・・なんて両極端なフレーズでしょう(^^;)。

また、音の間隔が広いフレーズなので、ライトハンド・タッピングを使ってもよさそうな感じですが、そうではないところも面白いなと思います。

リッチー・コッツェンも親指と人差し指で弾いているわけですが、指弾きを駆使する2人だからこそ、生み出されたフレーズなのかもしれないですね。

▼左手はちょっとハードかも

左手のポイントは、人差し指によるプリングです。

これまでも何度か書いていますが、ビリーの得意ワザですね(^o^)。

動画では、強く速くプリングするための左手のフォームと動かし方のコツについても解説しています。

最初のうちは、音は出ないし、指は痛いしで、ちょっと大変だと思います・・・(>_<)。 でも、これができるようになると、タッピングや高速トリルなどでフレーズの幅が広がりますので、ぜひ挑戦してみてくださいね。 ただ、ポジション移動の激しいフレーズなので、まず最初の段階としては、プリングなしで引っかからずにスムーズに最後まで弾けるようになることを目指して練習するのがオススメです。スピード感が大事ですね♪

もし参考になりましたら、TwitterやFacebookなどでシェアしていただけたら嬉しいです(´▽`*)。

ぢゃっく

独創的ベースプレイヤー「ビリーシーン」が大好きで、彼のプレイスタイルを研究して30年以上になります。2019年秋から原因不明の眩暈と手足の脱力に悩まされており、現在療養中ですが、少しずつでも更新していきたいと思います。

ぢゃっくをフォローする
楽曲ピンポイント解説★
ぢゃっくをフォローする
ビリーシーンスタイル・ベースの探求

コメント

タイトルとURLをコピーしました