【ドッグキャンプ報告】 「Oblivion」のイントロはこう弾いてます♪

こんにちは、ぢゃっくです。

ドッグキャンプの詳細レポートの続きです。

▼マスタークラスでの一コマ

キャンパーの質問に応えて、ビリーが最新アルバムから「Oblivion」のイントロ、高速ユニゾンの部分を弾いてくれたシーンをご紹介します。

「Oblivion」と言えば、ワイナリードッグスの最新アルバム「Hot Streak」の1曲目を飾るスピード感あふれるカッコイイ曲ですね(^^*)。

特に、このイントロ部分は、リッチーのギターとの高速ユニゾンで、聴いただけでは「一体どうやってるの?」と思うような少々トリッキーな印象のフレーズとなっています。前日夜にライヴで観ましたが、それだけでは正直よく分かりませんでした。

それを、目の前で比較的ゆっくり(まあ、それでもまだ速いんですが・・・)と弾いてもらえたのは、大きな収穫でした(^^*)。

もし耳コピされる予定でしたら、ここから先はネタバレ?になるかもしれないのでご注意くださいね。

タブ譜に起こしてみました。音源からの耳コピに加えて、この動画をカンニング(笑)して精度を上げたつもりですが、間違っていたらスミマセン。ご参考と言うことで(^^;)。

oblivion_intro_tab

4弦のチューニングは、Dに落としています。

原曲のスピードはかなり速く、ポジション移動が激しいですが、メインのパターンとしては、1弦~2弦のレイキング+左手人差し指のプリングを繰り返す動きになっています。

この人差し指プリングは、ビリーが得意としているところですが、実際にやってみると、かなりハードです(–;)。

左手人差し指を鍛えるには、もってこいの練習フレーズですね。ちょっと練習しただけでも、人差し指がめちゃくちゃ痛いです(T.T)。

▼ドッグキャンプへの道

出発前までに69回配信しました。実際、メルマガで検討した内容はとっても役に立ちました!今ご登録いただいても、ちゃんと第1話から読むことができます。何のこと?と思った方は下の画像をクリックして確認くださいね♪

もし参考になりましたら、TwitterやFacebookなどでシェアしていただけたら嬉しいです(´▽`*)。

ぢゃっく

独創的ベースプレイヤー「ビリーシーン」が大好きで、彼のプレイスタイルを研究して30年以上になります。2019年秋から原因不明の眩暈と手足の脱力に悩まされており、現在療養中ですが、少しずつでも更新していきたいと思います。

ぢゃっくをフォローする
挑戦!ドッグキャンプ2015
ぢゃっくをフォローする
ビリーシーンスタイル・ベースの探求

コメント

タイトルとURLをコピーしました