セッション・タイムを何倍も楽しくするアイテムとは。

こんにちは、ぢゃっくです。

ついに7月に入り、いよいよドッグキャンプが数週間後に迫ってきました!

ワクワクする反面、思ったように準備が進んでないところもあって、かなり落ち着かない毎日です(^^;)。

海外旅行グッズなど色々と買い物が増えているのですが、そのついでに、前から欲しかったモノをひとつ購入しました!

↓これです。

マイネル社の「トラベルカホン」というものです。膝の上において叩けるポータブル・パーカッションなんですね。

これさえあれば、キャンプ中のジャム・セッションに、いつでもどこでも参加(乱入?)することができます。特に、屋外のアコースティックギター系のセッションには最適じゃないかなーと思っています。

また、他のキャンパーさんがベースを弾いている時でも、これで参加できますから、セッション・タイムの楽しみ方が広がりますよね(^^*)。

あと必要なのは、セッションに交じる度胸ですかね・・・(^o^;)。

▼簡単レビュー

サイズは 29.8cm x 39.8cm で、厚さは約 4cm しかなく、少し大きめのバッグならすっぽり収まります。重さも900グラム未満と軽いので、持ち運びもしやすいです。

打面はけっこう広いので、叩く場所によって色々な音色が出せます。中にはスナッピー(金属の響き線)も入っていて、パシャン!というスネアの感じもしますし、よりドラムらしい音を表現することができます。

裏には、滑り止めのスポンジゴムがついています。一部がめくれるようになっていて、内部のネジが調整できるようになっているのですが、何のネジでしょう?(^^;)

価格も5,000円未満で、普通のカホンに比べると半額以下なので、お手頃価格ですね。

僕がずっと取り組んでいる「手でドラムを表現する」ための道具としては、ピッタリだと思いました。(´▽`*)

駅前とかでストリートの弾き語りの人を見かけたときに「よかったらご一緒させてもらえませんか?」とかいって、初めて聴く曲でセッションする・・・なんていうのをいつかできたらいいなあーと思っています。(´▽`*)

▼ドッグキャンプへの道

毎日配信中です。今ご登録いただいても、ちゃんと第1話から読むことができます。何のこと?と思った方は下の画像をクリックして確認くださいね♪

road_to_dogcamp_logo

もし参考になりましたら、TwitterやFacebookなどでシェアしていただけたら嬉しいです(´▽`*)。


ぢゃっく

独創的ベースプレイヤー「ビリーシーン」が大好きで、彼のプレイスタイルを研究して30年以上になります。2019年秋から原因不明の眩暈と手足の脱力に悩まされており、現在療養中ですが、少しずつでも更新していきたいと思います。

ぢゃっくをフォローする
挑戦!ドッグキャンプ2015
ぢゃっくをフォローする
ビリーシーンスタイル・ベースの探求

コメント

タイトルとURLをコピーしました