ツーフィンガーで練習して音粒を揃えよう!

こんにちは、ぢゃっくです。

今回は、僕が取り組んでいるスリーフィンガーの練習法をひとつご紹介しますね。

音の粒を揃えるのに効果があると思います。

▼ツーフィンガーで練習

右手の人差し指、中指、薬指の3本の指を、2本ずつのペアにしてツーフィンガーで練習するというものです。

スリーフィンガーで音の粒を揃えるためには、どの指で弾いても、均一に同じ音が発音できるようになるのが理想ですよね。

また、各指が弦を弾く間隔、つまり

薬指 ⇔ 中指
中指 ⇔ 人差し指
人差し指 ⇔ 薬指

の時間も均一にすることができないといけません。

どれかの指だけ早かったり、遅れたりすると、リズムが走ったり、もたったりして聴こえてしまうことになります。

上記3種類のペアで、それぞれツーフィンガーで弾く練習をすることで、これを修正することができます。

▼練習方法

やり方は、いたってシンプルです。

下記3種類の右手指ペアを切り替えながら、単一の音をツーフィンガーで延々と弾き続けます。

1.薬指、中指

2.中指、人差し指

3.人差し指、薬指

このとき、できるだけメトロノームを使うようにしてください。

うまく動かせない指ペアは、カウントに上手く合わせられないので、顕著に分かります(笑)。

最初は、BPM=80くらいの遅めのテンポで始めると良いと思います。

チェックするポイントは、

1.どの指ペアでも均一な同じ音がでているか?
2.どの指ペアでもメトロノームのカウントにきっちり合わせられるか?

の2点です。

ちなみに、僕は、上記1の「薬指と中指」が動かしにくいので、特に重点的に練習しています。

左手はどこを押さえていてもかまいません。もちろん、開放弦でもOKです。

が、こちらで紹介した左手のコードフォームを押さえておくと、左手のトレーニングにもなって一石二鳥ですよ。(^^*)

関連記事⇒左手は常にパワーコードを意識しよう!
関連記事⇒左手コードフォームの作り方のコツ。

長時間やると、握力アップにもつながると思います。

▼参考動画

動画もアップしましたので、こちらもご覧いただければうれしいです。

【ビリーシーンスタイル】スリーフィンガー練習法5

最後までお読みいただき、ありがとうございます。もし共感していただけましたら、応援クリックをお願いします。


人気ブログランキングへ

お問い合わせは、コチラからお気軽にどうぞ。


ぢゃっく

独創的ベースプレイヤー「ビリーシーン」が大好きで、彼のプレイスタイルを研究して30年以上になります。2019年秋から原因不明の眩暈と手足の脱力に悩まされており、現在療養中ですが、少しずつでも更新していきたいと思います。

ぢゃっくをフォローする
速弾きなら!スリーフィンガー
ぢゃっくをフォローする
ビリーシーンスタイル・ベースの探求

コメント

  1. ピクルス より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    はじめまして!

    「ベース ピッキングハーモニクス」というワードでググったらこちらのブログが
    検索に引っかかりました。

    今ExtremeやMr.BIGなど、洋楽ハードロックのコピーバンドをしていて
    日々ビリーシーンの音作りや奏法などに苦悩しております。笑

    MoonのJJ4というアクティブのベースを使っています。
    エフェクターに関しては、基本的に貧乏なのでZOOMのB3というマルチエフェクター一台でなんとかやっております。。

    過去の様々な記事を読ませていただきましたが、Youtubeに動画などもあげられていて
    具体的にその奏法はどういう練習をすればいいのか、ということが非常にわかりやすいので
    これからも参考にさせていただき、楽しみに読ませていただきたいと思います。

  2. バッドビリー より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんばんは。

    2本ずつの練習、僕もかなりやりました。
    しかも初めは3フィンガーを人、中、薬で弾いていたもので「ビリーと違うや。」って思って薬、中、人に途中から変更したのでかなり遠回りしてしまいましたが・・・トホホ。
    それと効果がどれ程あるかわかりませんが僕は2本ずつ輪ゴムでしばってピッキング練習していました。(かなりキツイですし血が止まってくるので長時間はできませんのでお勧めはしませんが。)
    当時は、ぢゃっくさんのような理論的で高効率な練習法が思い浮かばず体育会系の練習ばかりしていました。(笑)

  3. ぢゃっく より:

    SECRET: 0
    PASS: a63c757be49bbd040ad046f6fadce135
    ピクルスさん

    初めまして。コメントありがとうございます!

    > 今ExtremeやMr.BIGなど、洋楽ハードロックのコピーバンドをしていて
    > 日々ビリーシーンの音作りや奏法などに苦悩しております。笑

    MR.BIGのコピーバンドは、したくてもメンバーを揃えるのが難しいのではと思います。良い仲間に恵まれているということですね。羨ましいです。

    > MoonのJJ4というアクティブのベースを使っています。
    > エフェクターに関しては、基本的に貧乏なのでZOOMのB3というマルチエフェクター一台でなんとかやっております。。

    Moonですか、良いベースをお使いですね!

    ZOOM B3も有名ですよね。名前しか知らなかったのですが、調べたらアンプシミュレータとルーパー機能があるとか。欲しくなりました(笑)。

    僕はエフェクターも使っていませんし、機材の貧弱さでは、誰にも負けません!(笑)
    いやホントお恥ずかしい限りです(^^;)。

    > 過去の様々な記事を読ませていただきましたが、Youtubeに動画などもあげられていて具体的にその奏法はどういう練習をすればいいのか、ということが非常にわかりやすいのでこれからも参考にさせていただき、楽しみに読ませていただきたいと思います。

    嬉しいコメントありがとうございます。とても励みになります。(^o^*)

    頑張りますので、これからもよろしくお願いします!

  4. ぢゃっく より:

    SECRET: 0
    PASS: a63c757be49bbd040ad046f6fadce135
    バッドビリーさん

    こんばんは。いつもありがとうございます!

    > それと効果がどれ程あるかわかりませんが僕は2本ずつ輪ゴムでしばってピッキング練習していました。(かなりキツイですし血が止まってくるので長時間はできませんのでお勧めはしませんが。)
    > 当時は、ぢゃっくさんのような理論的で高効率な練習法が思い浮かばず体育会系の練習ばかりしていました。(笑)

    おお!まさしく体育会系ですね(笑)。とても効果あると思いますよ!

    人間の脳は、ある部分を無理やり動かせなくすると他の部分で補おうとする働きが強くなるはずですので、上達が早いかもしれません。でも、確かにほどほどにしないといけないですね(笑)。

    ビリーのスタイル習得は、肉体の鍛錬というか、ある種の修行に近いものがありますよね(笑)。

タイトルとURLをコピーしました