ビリーのDJパーティこぼれ話。

こんにちは、ぢゃっくです。

ドッグキャンプ最終日(4日目)にあたる木曜夜には、ビリーがDJを務める「ナイト・パーティ」が開催されました。第1回からの恒例行事です(笑)。

連日、講義やライブが行われた「ロードハウス」というログハウスで、お酒を飲みながら深夜までワイワイ騒いで、ホントに楽しかったです(´▽`*)。

▼こんな曲どこで知ったの?

その中で、ビリーが日本語の歌を流してくれたシーンをシェアします。2曲続けて流してくれたのですが、1曲目がすごく面白くて、大爆笑でした。ビリーもご満悦の様子でした(^o^*)。

雰囲気だけで大笑いしていたのですが、実は、2曲とも知らない曲でした(^^;)ので、帰国後、ネットで調べてやっと判りました。

1曲目は、The Cowsillsというグループが1969年に発表した「Hair」という曲の日本語バージョンのようです。

Twitterのフォロワーさんから教えていただいたのですが、同名のミュージカルがあり、その主題歌だとか。ベトナム戦争の頃が舞台で、ヒッピー(=長い髪にお花スタイル)が沢山出てくるので、髪の毛礼賛的な歌詞になっているんだそうです。

ちなみに、日本語バージョンは、ザ・タイガースの加藤かつみさんが作ったそう。実際、ビリーが「ザ・タイガースも聴いてるよ」と言ってたんですが、これに関係してそうですね。

ちなみに、2曲目は、黛ジュンさんの「ブラック・ルーム」です。それにしても、ビリーどこでこんな歌を知ったんでしょうね(^^;)。

▼来てくれてありがとう

パーティは、深夜2:00ごろでお開きになったんですが、その頃には、日本人3人+他数名とスタッフだけになっていました(笑)。

ビリーはかなり酔っぱらってフラフラでしたが、あるとき僕の肩をガシッと抱いてくれて、ささやくように

来てくれてありがとう、ブラザー

と言ってくれました。

日本人男性が僕だけだったこともあると思いますが、なんだか感極まってしまって、人目もはばからず、その場で号泣してしまいました・・・それが、ドッグキャンプで交わしたビリーとの最後の会話でした。大切な思い出です(´ω`*)。

もし参考になりましたら、TwitterやFacebookなどでシェアしていただけたら嬉しいです(´▽`*)。

ぢゃっく

独創的ベースプレイヤー「ビリーシーン」が大好きで、彼のプレイスタイルを研究して30年以上になります。2019年秋から原因不明の眩暈と手足の脱力に悩まされており、現在療養中ですが、少しずつでも更新していきたいと思います。

ぢゃっくをフォローする
挑戦!ドッグキャンプ2015
ぢゃっくをフォローする
ビリーシーンスタイル・ベースの探求

コメント

タイトルとURLをコピーしました