苦闘20年!スリーフィンガーによる超高速4音フレーズのコツ。

こんにちは、ぢゃっくです。

スリーフィンガーに関する新しい動画をアップしました!

一般的には、スリーフィンガーで4音フレーズを弾くのは難しいのですが、この奏法ができるようになれば、スーパー超高速でいくらでも弾けるようになります!

これぞビリーシーン!という雰囲気が出せるフレーズじゃないかなーと思っています。(^o^*)

普通は下降フレーズで使うレイキングと組み合わせているのですが、上手く連続して弾けるようになると上昇フレーズに聴こえてくるという点でも面白いフレーズです。

関連動画⇒高速上昇フレーズをレイキングで弾く!

▼質問に答えて、さらっと実演

タイトルに苦闘20年と書いてみました(笑)。

もちろん同じモチベーションでずっとずっと練習していたわけではなく、挫折を繰り返していたわけですが・・・それらしく弾けるようになるまでに、20年以上かかったのは事実です(^^;)。

僕がこのフレーズを知ったのは、16歳の時にクラスの友達からもらった「ビリーシーン・イン・ジャパン」というビデオでした。

関連記事⇒全ての始まりは一本のビデオでした

今回ピックアップした奏法は、ベース・クリニックのお客さんから「うちのベースが、ボトムラインのベースソロをどうやって弾いたらよいかわからないと言っている。彼に教えてほしい。」という質問に答えて実演してくれたものです。

ボトムラインとは、デヴィッド・リー・ロスの2ndアルバム「Skyscraper」に収録された「The Bottom Line」のことで、2:32から速弾きベースソロがあるんですね。確かにどう弾いているのか全く分からないようなのが(笑)。

ビデオでは、一瞬スローで弾いてくれたので、仕組みは何となく分かりました。ビリーも「簡単だろ?」って言ってます(苦笑)。

でも、いくら練習しても雰囲気が全く出なかったんです・・・そのうち試行錯誤する気力も減っていき、そして気づけば20年以上が経過・・・(T_T)。

だったんですが、ここ2年くらいで急にコツが掴めて、少しそれらしくなってきたんですよね(笑)。

ちなみに、今改めてYouTubeでそのシーンを確認すると、これはあくまで基本パターンで、さらに4フィンガーを駆使するパターンもやってたことが判明しました。

これはさすがに、あとプラス20年やっても出来る気がしませんね・・・(~_~;)。

もし参考になりましたら、TwitterやFacebookなどでシェアしていただけたら嬉しいです(´▽`*)。

ぢゃっく

独創的ベースプレイヤー「ビリーシーン」が大好きで、彼のプレイスタイルを研究して30年以上になります。2019年秋から原因不明の眩暈と手足の脱力に悩まされており、現在療養中ですが、少しずつでも更新していきたいと思います。

ぢゃっくをフォローする
速弾きなら!スリーフィンガー
ぢゃっくをフォローする
ビリーシーンスタイル・ベースの探求

コメント

  1. バッドビリー より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こちらでのコメントではお久しぶりです。
    このテクニックで1弦&2弦、2弦&3弦、3弦&4弦パターンの上昇、下降で弾けると確実に1.3倍くらい(なんと中途半端な・・・(笑)。)速く弾けるようになりますよ!
    あと4フィンガーは弦を上に弾く感じよりも小指→人差し指をブリッジ側に滑らしていく感じに弾いていくと割と感覚がつかみやすいかなと思います。

  2. ぢゃっく より:

    SECRET: 0
    PASS: a63c757be49bbd040ad046f6fadce135
    コメントありがとうございます。返信が遅くなりました。

    これはスピードが上げやすいテクニックですよね!でも低音弦ではほとんどやってませんでしたので、僕も練習します(^^)。

    4フィンガーのコツもありがとうございます!挑戦してみようかなと思い始めたところでしたので、とても参考になります(^^)。小指はかなりもぐりこませないと、他の指と指先が揃わないですね・・・(~~;)。

タイトルとURLをコピーしました