「ビリーはホワイトタイガー」by デイヴ

雑談・雑感など色々

こんにちは、ぢゃっくです。

先日、ビリーがFacebookでグレッグ・ビソネットの投稿をシェアしていました。デイヴィッド・リー・ロスが「Eat’em And Smile」のバンドメンバーを紹介する1986年の動画です。

Facebookの投稿は埋め込めなかったので、YouTubeから見つけてきました。

David Lee Roth Band 1986
#davidleeroth #stevevai #billysheehan

デイヴがビリーを紹介するくだりが面白かったので紹介しますね。

以下、1:47からのビリーを紹介している部分の訳です。ざっくり意訳ですが。

みんな俺に聞くんだ、「ビリーシーンていうのは、実際どんなベースプレイヤーなんだい」って。知っての通り、彼を取り巻く神秘的な雰囲気があるからね。彼は、これら全てのギター雑誌の表紙を飾っているんだけど、メジャーなアルバムをリリースしていなかったんだ、「Eat’em And Smile」まではね。俺はそいつに「ビリーは、ギタープレイヤーみたいなベースプレイヤーで、俺はホワイトタイガーと呼んでいる」と言うんだ。森の外に出たホワイトタイガーを見たら、まず気づくだろ、いつも見慣れたものとは色だけが全く違うことに。だから、ウォークマンを耳につけるか、スピーカーの間に頭を突っ込んで、「Eat’em And Smile」を聴いくれ。どの曲でも、最初は「ああ、単なるギターか」と感じるかもしれない。だが、じっと集中して聴いてみると、たいていそうじゃないのさ。ベースなんだ。

https://www.youtube.com/watch?v=RNIVABKYMJI

ホワイトタイガーに例えるとは、面白い発想だなあと思いました。

でもなんか納得です(笑)。

ぢゃっく

独創的ベースプレイヤー「ビリーシーン」が大好きで、彼のプレイスタイルを研究して30年以上になります。2019年秋から原因不明の眩暈と手足の脱力に悩まされており、現在療養中ですが、少しずつでも更新していきたいと思います。

ぢゃっくをフォローする
雑談・雑感など色々
ぢゃっくをフォローする
ビリーシーンスタイル・ベースの探求

コメント

タイトルとURLをコピーしました