ベース・クリニックの思い出

こんにちは、ぢゃっくです。

一度だけ、ビリーのベース・クリニックに参加したことがあります。

ベースクリニックのチケット

1997年でしたから、もうかれこれ17年も前なんですね・・・。

場所は、大阪京橋の松下IMPホールでした。大阪に住んでいた彼女(現在の相方)が新聞広告で見つけて教えてくれたのです。

小規模なホールで、客席も前半分が埋まるくらいの人数でしたので、比較的ステージから近い席に座ることができました。

間近で見るビリーのスーパープレイに、目と耳が釘づけになったのは言う間でもありません。

後半は、お客さんからの質問タイムになりました。

僕は、こんなチャンスはもうない!と必死で手を挙げました。

そして、なんと当ててもらえたのです! (^o^)/

これは、なんといっても、僕よりも大声で、彼女が「はい!はい!はい!」と声を張り上げてくれたおかげです。本当に感謝です。

僕の質問は・・・

ビリーさんはハーモニクスをよく使いますが、音程は意識されているのですか?


というものでした。今思うと、なんかもうちょっと他になかったの?とも思いますが・・・。

ビリーの回答は、

うーん、正直あんまり考えてないね(笑)。


という感じだったと思います。

このときに「タッピング・ハーモニクスは、とにかく左手でしっかり押さえていれば、どこをどう叩いても大丈夫だよ」といったことを教えてもらえたと記憶しています。

僕が最後に

ありがとうございました。今晩は眠れません。


と言うと、ビリーは笑いながら

I wish you will have a good sleep!


と言ってくれました(たぶん)。

なんか憧れのビリーとコミュニケーションがとれた気がして、僕は大満足でした。

なかには、英語で質問した人もいました。

僕よりも若そうなのに、通訳さんを介さずに直接ビリーと会話している姿をみて、「すごい!かっこええなー!」と思いました。前回記事でも触れましたが、これが真剣に英語の勉強を始めるキッカケになりました。

少し心残りなのは、終演後にすぐ帰ってしまったことです。

しばらく残っていれば、もしかしてビリーに会えたり、サインもらえたりしたのかな・・・とかちょっと思ったりします。

おそらく、ベース・クリニックは、ビリーに近づける一番のチャンスですよね。

もう一度、参加してみたいです。今度は英語で会話したいな。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。もし共感していただけましたら、応援クリックをお願いします。


人気ブログランキングへ

お問い合わせは、コチラからお気軽にどうぞ。


ぢゃっく

独創的ベースプレイヤー「ビリーシーン」が大好きで、彼のプレイスタイルを研究して30年以上になります。2019年秋から原因不明の眩暈と手足の脱力に悩まされており、現在療養中ですが、少しずつでも更新していきたいと思います。

ぢゃっくをフォローする
雑談・雑感など色々
ぢゃっくをフォローする
ビリーシーンスタイル・ベースの探求

コメント

タイトルとURLをコピーしました