ライブで「Highway Star」のキーボード・ソロを弾いてみました♪

こんにちは、ぢゃっくです。

10/29にコピーバンドのライブイベントがあって、洋楽HR/HMオムニバスのバンドで出演しました。

久々にMR.BIG「Green-tinted 60’s Mind」もできましたし、お客さんも盛り上がってくれて、楽しかったです。

で、その時に、23年間、温めていたネタを披露することができました(笑)。

それは・・・

Deep Purple「Highway Star」のキーボード・ソロをベースで弾くというものです。

20歳頃、香川県の高専寮にいたときによく練習していたんです。

でもバンド形式でやるチャンスはないまま23年が経過・・・今回、やっと実現しました!( *´艸`)

まあ、とはいっても緊張して、のっけからミスばかりで、練習の成果を出せてないのですが・・・(苦笑)。

とりあえずお客さんの前で最後まで弾くことができたというのは良かったです♪(*´ω`*)

Deep Purpleのキーボード・ソロをベースで、といえば、ビリーの「Burn」が有名ですよね。

実は、まだ練習したことがありません(笑)。

僕にとってはアンタッチャブルというか、これは相当難しいですよね・・・速いし、フレーズも細かいし、正直、音がよく分かりません(^o^;)。

個人的には、「Highway Star」のソロのほうがメロディが分かりやすいし、断然、取り組みやすくてオススメです。

いま解説動画とTAB譜を作っていますので、出来たらまたシェアしますね。

ちなみに、タッピングの後半パートは、最後の2小節をオクターブ下にして弾いています。

昔使っていたベースは24フレットあったので、下げるのが1小節だけで済んでたのですが、21フレットのアティテュードだと半音足りませんでした(^^;)。

いつか、もっと完成度高いのを披露できるように精進します。

もし参考になりましたら、TwitterやFacebookなどでシェアしていただけたら嬉しいです(´▽`*)。

メールマガジンやFacebookページの方もよろしくお願いします♪

ぢゃっく

独創的ベースプレイヤー「ビリーシーン」が大好きで、彼のプレイスタイルを研究して30年以上になります。2019年秋から原因不明の眩暈と手足の脱力に悩まされており、現在療養中ですが、少しずつでも更新していきたいと思います。

ぢゃっくをフォローする
こんなん弾いてみました♪
ぢゃっくをフォローする
ビリーシーンスタイル・ベースの探求

コメント

タイトルとURLをコピーしました