リミテッドで色々と弾いてみました♪

こんにちは、ぢゃっくです。

先月、念願のアティテュード・リミテッドを手に入れたことはお伝えしました。

あまりに嬉しかったので、すぐにスタジオに入って、アンプにつないで弾いてみました。そのときの様子をシェアしますね。

念願のAttitude Limitedで弾いてみた♪

とりとめないフレーズばかりで、なんともお恥ずかしいのですが(^^;)・・・とりあえず何も考えずに心の赴くままに弾いてみました。

字幕にも入れましたが、とにかくパワフルでビックリ!Σ(・ω・ノ)ノ!

スペシャルの時と同じ感覚で、なにげなくボリュームをあげたら、とんでもない音量になってビビりました(^^;)。

エフェクター無し、アンプを全くフラットなセッティングにしても、ミドルが強調された野太いサウンドになります。ベース本体の特性からして、ビリー好みのサウンドが出るよう設計されているんでしょうね。

まだステレオではなく、モノラル出力です。スペシャルと同じく、ボディ内部でフロント&リアをミックスして出力するモードですが、音の太さと重低音はスペシャルとは比べ物にならない感じですね。

ちなみに、一番リア寄りのノブ(リア・ボリューム)がプッシュ・スイッチになっていて、これをオフにすることで、モノラル出力モードになります。出力されるのは、ブリッジ寄りのジャックです。

また、弦とPピックアップの間隔が絶妙で、自然とピックアップに触れながら弾くことができるので、すっごく弾きやすいです!

ビリーが「市販されているものは、僕が使っているものと同じなんだよ」と言っているのが分かる感じがしました。

もし参考になりましたら、TwitterやFacebookなどでシェアしていただけたら嬉しいです(´▽`*)。

ぢゃっく

独創的ベースプレイヤー「ビリーシーン」が大好きで、彼のプレイスタイルを研究して30年以上になります。2019年秋から原因不明の眩暈と手足の脱力に悩まされており、現在療養中ですが、少しずつでも更新していきたいと思います。

ぢゃっくをフォローする
こんなん弾いてみました♪
ぢゃっくをフォローする
ビリーシーンスタイル・ベースの探求

コメント

タイトルとURLをコピーしました