右手の指先を揃えよう!

こんにちは、ぢゃっくです。

今回もスリーフィンガーの右手のフォームについてです。

右手の人差し指、中指、薬指の3本の指先をできるだけ揃えるようにしましょう。

一般的には、中指が少し長いので、関節を曲げる角度を調節してやる必要があります。中指だけ少し深めに曲げて、弦に対しては、指先を揃えるようにします。直角にするのを忘れないでくださいね。

指先はそろえる

できるだけ、各指の同じような肉の厚さの部分を弦に当てるようにすると、音の粒が揃いやすくなると思います。

例えば、ライトハンドを練習することで、右手の人差し指だけが皮が固くなっているということがあると思います。僕もそうなのですが、その場合はできるだけ同じ音が鳴るように当て方を工夫する必要があります。

ポイントとしては、指の角度、当てる深さ、当てる場所、になると思います。

また、ビリーが弾いている動画を見ると、第二関節の先だけが動いていて、それらが細く集約したような形になっています。

これを参考にして、僕は、3本の指の間隔を出来るだけ近づけて弾くようにしています。

指先をバラバラに開いて動かすと、長さの微調整が難しくなってしまい、粒が揃わなくなります。また、弾くスピードを上げていくと、どうしても遅れが出てきます。

ビリーの弾き方は理にかなっているのですねえ。(^^*)

この写真のように3本揃えたフォームで、スリーフィンガーをやってみてくださいね。

指先はそろえる

最後までお読みいただき、ありがとうございます。もし共感していただけましたら、応援クリックをお願いします。


人気ブログランキングへ

お問い合わせは、コチラからお気軽にどうぞ。


ぢゃっく

独創的ベースプレイヤー「ビリーシーン」が大好きで、彼のプレイスタイルを研究して30年以上になります。2019年秋から原因不明の眩暈と手足の脱力に悩まされており、現在療養中ですが、少しずつでも更新していきたいと思います。

ぢゃっくをフォローする
速弾きなら!スリーフィンガー
ぢゃっくをフォローする
ビリーシーンスタイル・ベースの探求

コメント

タイトルとURLをコピーしました