地獄のメカニカル・トレーニング・フレーズ

こんにちは、ぢゃっくです。

指先を鍛えるには、あまり考えずに、とにかく機械的にベースを弾きまくるのが一番の早道だと思っています。

ただ、これだと練習用のフレーズがマンネリ化してしまう傾向にありました。そこで、効率的かつ音楽的なフレーズを求めて、本を導入することにしました。

そうだ!以前見たことがある「地獄のメカニカルなんとか」ってのがいいんちゃう?
小林さんという先生の超絶ギターテク満載の本だったはず。
下4弦だけ見れば、ベースでも使えるやん。

と思って、実際にお店で書棚をみていると、

あれ?ベースのバージョンがあるやんか!(しかも2版目!)
このMASAKIさんって誰だろう?

15年の空白とは恐ろしいもので、僕は、このときMASAKIさんを初めて知ったのでした。

パラパラっと見てみると・・・愕然としました。

スリーフィンガー、フォーフィンガー、ライトハンド、両手コードタッピングなどなど。

僕がこのブログで書きたいなあと思っていたテーマがほとんど書かれていたのです・・・。

さらに、スラップやフラメンコ奏法なども解説されており、かなり魅力的でした。

これは絶対みとかなあかんと思い、即購入しました。

地獄のメカニカルトレーニング

MASAKIさんはスクールの講師もされているということで、コードやスケールについても丁寧な説明があり、勉強になりそうです。

特に興奮したのは、付属のDVDです。早速見てみたのですが・・・いやあースゴイ!

めちゃくちゃカッコイイです!

見たことないような超絶技巧の嵐なのですが、それがご本人解説付きの鮮明な動画で見られるので、それだけでも買う価値があると思います。

なにしろ、これを音を聴いただけでコピーするのは至難の技だと思います・・・。

タブ譜があっても厳しいのではないでしょうか。

さらに、フレーズというか音使いがどれもすごくカッコイイです。

メロディアスと言いますか・・・ドラマティックと言いますか・・・。

さすがプロってすごいなあー!と、何度もため息が出ました。

うーん、この本の練習フレーズを全部弾けるようになりたい!

新たな(無謀な)チャレンジ目標ができました。このブログでも練習経過をレポートしていこうと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。もし共感していただけましたら、応援クリックをお願いします。


人気ブログランキングへ

お問い合わせは、右のメールフォームからお気軽にどうぞ。


ぢゃっく

独創的ベースプレイヤー「ビリーシーン」が大好きで、彼のプレイスタイルを研究して30年以上になります。2019年秋から原因不明の眩暈と手足の脱力に悩まされており、現在療養中ですが、少しずつでも更新していきたいと思います。

ぢゃっくをフォローする
地獄のメカニカル・トレーニング
ぢゃっくをフォローする
ビリーシーンスタイル・ベースの探求

コメント

タイトルとURLをコピーしました