Seven Impossible Days / MR.BIG を弾いてみた

こんにちは、ぢゃっくです。

今日は、MR.BIGの「Seven Impossible Days」を弾いてみました。ライブ盤「Japandemonium」とかベスト盤「Big Bigger Biggest! The Best Of MR.BIG」に収録されている曲です。

この曲は、3/4拍子なんですよね。少なくとも、MR.BIGでは、5/4拍子や6/8拍子はあっても、3拍子は唯一コレだけなんじゃないかと思います。

だと思うのですが、合ってますかねー。詳しい方の情報を求めます!

その圧倒的なワルツ感から、とてもほのぼのとした可愛らしい曲だと感じています(笑)。

しかし、この曲の一番の特徴は、ドラムがいないという点です。そのため、単にベースが前面に出ているように聴こえるのですが(ソロもありますし)、実はかなり工夫されているのではないかと思っています。ビリーもとても丁寧に弾いている印象を受けます。

ドラムがいないということは、ベースだけでノリ(グルーヴ感)を生み出す必要があるということです。レコーディングではクリック音を聴いているのかもしれませんが、それは主にテンポキープのためであって、実際にグルーヴを出すのは、音の長さとか細かい経過音だったりするわけですよね。

今回、久しぶりに耳コピしなおしてみたのですが、意外な休符が入っていたり、フィルインの入るタイミングを変えていたり、スライドのニュアンスなど、ビリーの工夫を感じることができたように思います。(完コピできてませんが・・・)

とにかく、この曲を実際に弾いてみると、本当に気持ち良いなあーと感じてくるんですよね。なんというか、ベースラインが歌っているんですね。テクニックとかどうでもよくて、とにかく気持ちが上向きになります。

最後に、アングルを変えた動画もご紹介します。こちらは、右手の動きがよく見えますので、3フィンガーならではのオクターブ奏法やレイキングなどがよくわかるのではないかと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。もし共感していただけましたら、応援クリックをお願いします。


人気ブログランキングへ

お問い合わせは、コチラからお気軽にどうぞ。


ぢゃっく

独創的ベースプレイヤー「ビリーシーン」が大好きで、彼のプレイスタイルを研究して30年以上になります。2019年秋から原因不明の眩暈と手足の脱力に悩まされており、現在療養中ですが、少しずつでも更新していきたいと思います。

ぢゃっくをフォローする
こんなん弾いてみました♪
ぢゃっくをフォローする
ビリーシーンスタイル・ベースの探求

コメント

タイトルとURLをコピーしました