「バック・トゥ・武道館」でのポールギルバートとのデュエット・ソロを弾いてみました♪

こんにちは、ぢゃっくです。

2009年のMR.BIG再結成。

僕は観には行けませんでしたが、オリジナルメンバーでの再結成に、とても興奮したのを覚えています。

そのときのライヴの模様を収めた「バック・トゥ・武道館」からポールギルバートとのデュエット・ソロのベース・パートを弾いてみました。

【ビリーシーンスタイル】Billy Sheehan & Paul Gilbert Duet Solo cover / MR.BIG “Back To Budokan”

まだまだ粗くて恐縮なのですが、思いのほか雰囲気がでたかな・・・と個人的には思っています。もしよろしければ、このブログでもYouTubeでもコメントいただけたりすると嬉しいです。(^^*)

▼ポイントはチューニング

この曲やってみて思ったのは、チューニングが面白いということです。

ビリーもポールもわざわざダブルネックを使っているので、変則チューニングであることは予想がつきました。

何かのオープン・チューニングなのかしら?と思って試行錯誤してみると・・・どうやら、

1~3弦をオクターブ違いのE♭にする

というものみたいです。

つまり、どの弦を弾いてもフレットと音階が同じになるんですね。こういうのあるんだ(@@;)・・と目からウロコでした。

ネット検索すれば、ビリー(あるいはポール)のダブルネック下側のチューニング詳細がすぐ分かるのかもしれませんが、せっかくなので、勉強もかねて調べずにやりました。確証はないです。間違ってたら、すみません。(^^;

▼大きな壁がありました

「よしわかった、早速練習するぞ!」と思ったのですが、いきなりつまづきました。いま張っている弦だけでは、どうにも無理だったんですね。

◆4弦
曲中では使っていないのですが、ないと親指が置けなくて困ったので、代わりに元の3弦を張りました。

◆3弦
3弦のままでは無理だったので、元の4弦を張りました。元々Eなので、半音下げるだけでOK。

◆2弦
元々Dなので、半音上げるだけでOK。

◆1弦
問題はこれです。ペグをぐりぐり巻いたのですが、E♭までは到底あがりません。(←そらそうだろ)

弦に触れるだけで、はじけそうにキンキンになって、本当に怖かったです。(;_;)

なんとかオクターブ下のE♭にはできますが、これでは2弦と同じ音程になってしまいます。

そこで、買ったのが6弦ベース用のHi-C弦です!

5弦ベースも使ったことないのに、まさかHi-C弦を買う日が来るとは思いませんでした。(^^;

とにかく、これなら普通に張ってCなので、そこから1音半上げればOKです。

これで、なんとか3本ともE♭にできました。1弦はちょっとテンションきつめですが。

▼ひとつ難点が

このチューニングの難点は、他の曲が練習できないということです。(^^;

ベースが一本しかないので、弦をまるごと張り直さないといけません。。。

もう一本入手した暁には、この子は変則チューニング専用にするのも面白いかなと思っています。

Hi-C弦も大事にしまっておかねば。

▼TAB譜をプレゼント!

メルマガ読者さんには、この曲のTAB譜をプレゼントしています。もし興味のある方は、メルマガ登録してくださいね。

登録はこちら⇒ビリーシーンのプレイスタイルの研究を始めて幾年月

最後までお読みいただき、ありがとうございました。少しでも共感していただけたら嬉しいです。ご意見・ご感想は、こちらからお気軽にどうぞ。

●Twitterはじめました!
アカウントは@jack_billystyleです。お気軽にフォローください。

●メルマガもやってます
登録はこちら⇒ビリーシーンのプレイスタイルの研究を始めて幾年月


ぢゃっく

独創的ベースプレイヤー「ビリーシーン」が大好きで、彼のプレイスタイルを研究して30年以上になります。2019年秋から原因不明の眩暈と手足の脱力に悩まされており、現在療養中ですが、少しずつでも更新していきたいと思います。

ぢゃっくをフォローする
こんなん弾いてみました♪
ぢゃっくをフォローする
ビリーシーンスタイル・ベースの探求

コメント

タイトルとURLをコピーしました