スマイリーマークはダメです!

こんにちは、ぢゃっくです。

ビリーの音作りノウハウ、今回はイコライジングについてです。

ビリーのイコライジングは、「音の輪郭をはっきりさせたい」「ウッディで温かみのある音色を出したい」という2点を目的としているようです。

そして、これを実現するためには、ミドルの音域を持ち上げることが重要になります。

ビリーは、アンプにベースをつないだら、まずミドルをフルまで上げて、ベースとトレブルをゼロにした状態から、音の輪郭がはっきりするようにベースとトレブルを加えていくというセッティングをするというような話をしていました。

現在、ビリーが愛用しているハートキーのアンプ・システムでは、リア・ピックアップの高音ライン出力用として「HA5500」というアンプヘッドを使っています。

イコライジングは、HA5500に内蔵されるグラフィック・イコライザーを使っていて、丸くなめらかな山型に設定されています。極端な高域と低域はカットして、中域をぐっと持ち上げているわけですね。

hartke_eq_setting

ビリー曰く、

「スマイリーマークではダメなんだ」

とのことです。

どういう事かというと、グラフィック・イコライザーでにっこりスマイルの形を作ってみるとわかります・・・・低域と高域を上げて、中域を下げることになりますよね。

いわゆる「ドンシャリ」という設定です。

スラップ系のベースでは定番のセッティングではありますが、ビリーサウンドを作ろうと思うなら全く「NG」ということですね。

ちなみに、HA5500のグラフィック・イコライザーは、青いLEDで光るので、ステージの写真でもセッティングをはっきり確認できます。セッティングとしては、シンプルですので、真似しやすいですね。

イコライザーがなかったとしても、アンプについているベース/ミドル/トレブルのツマミで、ミドルをブーストするように設定すれば、かなり雰囲気が出るのではないかと思いますよ。

▼参考動画

ビリーがハートキー・システムについて語っている動画をご紹介します。これ以外にパート4まであります。

Billy Sheehan Talking About His Hartke Rig. Part 1

▼Twitterはじめました!

アカウントは、@jack_billystyleです。Facebookページと同じく、ビリーのツイートの和訳からつぶやいてみようと思います。お気軽にフォローくださいね。よろしくお願いします。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。少しでも共感していただけたら嬉しいです。ご意見・ご感想は、こちらからお気軽にどうぞ。

●Twitterはじめました!
アカウントは@jack_billystyleです。お気軽にフォローください。

●メルマガもやってます
登録はこちら⇒ビリーシーンのプレイスタイルの研究を始めて幾年月


ぢゃっく

独創的ベースプレイヤー「ビリーシーン」が大好きで、彼のプレイスタイルを研究して30年以上になります。2019年秋から原因不明の眩暈と手足の脱力に悩まされており、現在療養中ですが、少しずつでも更新していきたいと思います。

ぢゃっくをフォローする
ビリーのサウンドについて
ぢゃっくをフォローする
ビリーシーンスタイル・ベースの探求

コメント

  1. tatsumi より:

    SECRET: 0
    PASS: 2952e1846b4ea765dfd0fdfcb7e21097
    秘密にしておきたい人もいるかもしれない、お得な情報です。
    子供の服も買ってあげられなくて辛い毎日でした。
    そんなとき、すごいことを知りました。
    連絡するだけで一生使い切れないほどのお金をもらえたんです。
    すぐに裕福になれる方法があります。
    本当に知りたいという人だけに教えます。
    知りたい人はbanana_ayako@yahoo.co.jpまでメールください。
    すぐに返事出しますから。

タイトルとURLをコピーしました