ハーモニクスはネックの上から鳴らす

こんにちは、ぢゃっくです。

「2フレット少し手前」のハーモニクスを出すときに、もうひとつのポイントがあります。

それは、左手をネックの上から出して鳴らすということです。

簡単な割に、見た目にも非常にインパクトがありますので、オススメです!

このテクニックは、他の弦のミュートがしやすい(ただ4弦は鳴らしたままがいいかも・・・)ので、すごく合理的でもあります。

曲中の隙間でやる場合は、少し左手の瞬発力がいりますが、曲の最後などの切れ目であれば、おもむろにゆっくりやっても大丈夫ですよ。

ぜひライブで試してみてくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。もし共感していただけましたら、応援クリックをお願いします。


人気ブログランキングへ

お問い合わせは、右のメールフォームからお気軽にどうぞ。


ぢゃっく

独創的ベースプレイヤー「ビリーシーン」が大好きで、彼のプレイスタイルを研究して30年以上になります。2019年秋から原因不明の眩暈と手足の脱力に悩まされており、現在療養中ですが、少しずつでも更新していきたいと思います。

ぢゃっくをフォローする
目立てる!ハーモニクス
ぢゃっくをフォローする
ビリーシーンスタイル・ベースの探求

コメント

タイトルとURLをコピーしました