重厚で高密度なライトハンドをするために鍛えるべきところとは。

こんにちは、ぢゃっくです。

ビリースタイルのライトハンドでは、左手のプリングの力を鍛えることが特に重要だと思っています。

右手でタッピングしてからのプリングは比較的力を入れやすく、簡単に音が出ます。

しかし、左手のプリングは、どうしても音が弱くなりがちです。これを疎かにしてしまうと、右手のタップ音しか聞こえない軽くてペラペラしたライトハンドになってしまいます。

右手で出す音と左手で出す音が、同じ音量でしっかり鳴っていないと、ビリーのような均一で重厚な密度の濃いフレーズには聞こえないのですね。

▼左手人差し指のスゴさ

ビリーは、左手のプリングの力がとんでもなく強いです。その中でも特にすごいのが人差し指です。

ライブのベース・ソロなどでは、

左手人差し指だけで、ハンマリング・プリングを繰り返す開放弦のトリル

とか

右手で下位フレットをバーで押さえて、そこをブリッジにして、左手のハンマリング・プリングだけでメロディを弾く

とかいったプレイをよくやりますよね。

真似してやってみと、これが難しいんです。

音が出ないんですよね、全然。

特に、左手人差し指の弱さには、自分で愕然としてしまいました。(ーー;)

▼左手人差し指は鍛えにくい?

最近、気づいたのですが、実は左手人差し指のプリングって、ほとんどやる機会がないんですね。

思いつくのは、開放弦を使うライトハンド・フレーズくらいです。

もしかすると、一般的なベースプレイヤーの方は、全くやったことがない人がいてもおかしくないですね。(^^;

つまり、曲をいくら練習しても鍛えることができないということです。

意識して明示的に練習しない限り、使えるようにならないのですね。

鍛えるためのオススメの練習方法は、左手人差し指だけの開放弦トリルです。

1弦か2弦の2フレットあたりでハンマリング・プリングのトリルを繰り返します。

ハンマリングとプリングの音量が同じ位になることを目指します。

指だけを動かすのではなく、手首から回すようにプリングするのがコツです。

少し練習するだけで、めちゃくちゃ指が痛くなりますし、なかなか速く動かせません。(T_T)

ビリーの強靭な左手の力には、ただただ驚くばかりですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。少しでも共感していただけたら嬉しいです。ご意見・ご感想は、こちらからお気軽にどうぞ。

●Twitterはじめました!
アカウントは@jack_billystyleです。お気軽にフォローください。

●メルマガもやってます
登録はこちら⇒ビリーシーンのプレイスタイルの研究を始めて幾年月


ぢゃっく

独創的ベースプレイヤー「ビリーシーン」が大好きで、彼のプレイスタイルを研究して30年以上になります。2019年秋から原因不明の眩暈と手足の脱力に悩まされており、現在療養中ですが、少しずつでも更新していきたいと思います。

ぢゃっくをフォローする
超絶技の基本!ライトハンド
ぢゃっくをフォローする
ビリーシーンスタイル・ベースの探求

コメント

タイトルとURLをコピーしました