第11回 航空会社を決めてみた

メルマガ「ドッグキャンプへの道」
ぢゃっく
ぢゃっく

こんにちは、ぢゃっくです。2015年夏に参加したドッグキャンプ、5月から渡米する7月までの約2ヶ月間、約70回にわたって配信したメールマガジン「ドッグキャンプへの道」の内容をシェアしていこうと思います。

前回は、現地を出発する日を8/1(土)に決めたというお話でした。

それを元に航空会社を決めてみます。

◇◇◇

現地出発日も決まったので、格安航空券の比較サイトを使って、フライトの検索を始めました。

しかし、まだ決まっていないことがあることが分かりました。

それは、どこの空港から乗るか?です。

僕は神戸市に住んでいるので、関西国際空港(KIX)に発着する便を探すことしていました。

 できれば直行便がいいなー
 乗り継ぎは不安だし(´▽`*)

などと軽く思っていたのですが、これも甘い考えでした・・・。

 ◇◇◇

関空~ニューヨークの直行便は、チャイナエアラインというのが1路線だけあります。

あるにはあるんですが、とんでもない料金だったので、あえなく撃沈・・・(T.T)

成田空港からであれば、日本航空/全日空も含めて、直行便がたくさんあるようです。

関西から行く場合は、伊丹から成田に飛んで、ニューヨークにひとっ飛び!という「国際線直行便」というのが人気なのだとか。

しかし、その場合も相場は約18万円くらいなんです。

さらに、成田まで移動するための国内旅費も必要になりますので、これがかなりバカになりません。

日本航空/全日空の安心感は、捨てがたいのですが、予算的に諦めることにしました。

せめて15万円以下に抑えたい(–;)。

そこで、「乗り継ぎあり」としてみると、関空からでも色々な選択肢が見つかることが分かりました。

このへんはトレードオフですよね。

節約旅行をするんだったら、時間と効率は犠牲にしなきゃダメといけないということですね。

 ◇◇◇

慣れない画面とにらめっこして、色々比較してみた結果、どうやら2015年2月時点では

 キャセイパシフィック航空

が最安値と分かりました。

往復の航空券で、91,400円。燃油サーチャージやら諸々を入れて、13万円台とのこと。

燃油サーチャージ?なにそれ?という感じですが・・・(笑)。

また、複数の便がヒットしたので、出発時間も選べそうでした。

エコノミークラスなのは言わずもがなですが、それにしても痛感したのは、

 飛行機ってお金かかるんだなあ

ということです・・・(–;)。

そういうものなんでしょうけど、日頃使わない僕からすると、軽いカルチャーショックに似たものを感じます・・・(^^;)。

とはいっても、航空券の価格は、時期によってかなり変動するのですね。

2月は安い時期らしく、6万円台のものもありました。半分以下です・・(;゚Д゚)。

7月は繁忙期なので、どうしても高くなるようですね。

あと、今回、僕が見つけたのは「PEX航空券」と言うタイプで、航空会社が発行している正規の割引航空券なのだそうです。

一般的に、格安航空券というのは、旅行代理店がまとめ買いしていたのを個人にバラ売りするものなんだとか。

ただ、価格が安いのですが、その分、融通が利かないので、PEX航空券よりも制約が厳しいということみたいです。

色々あるんですねー。勉強になります。

 ◇◇◇

キャセイパシフィック航空がどんな航空会社か知らなかったので、ネットで口コミ評価を調べました。

香港系の会社なのですね。

意外と好意的な感想が多かったので、ちょっと安心しました。(´▽`*)

日本航空や全日空に比べたら、きめ細かなサービスは期待できないのかもしれませんが、基本的にそんなことは、全然気にしていません。

なにしろ、僕にとっては、飛行機に乗る自体が非日常なので、何もかもが新鮮に感じるはず(笑)。

航空会社にただひとつだけお願いがあるとすれば、

 無事に飛んで降りてください

ということ。

それだけです。

 ◇◇◇

ちなみに、キャセイパシフィックの便は、香港国際空港(HKG)で乗り継ぎをします。

いったんホームの空港に戻って、そこから各方面に飛ぶということ?

ニューヨークに行くのに、日本からいったん逆方向に飛ぶことになるとは興味深いです。

少しずつ分かってくると、なんだか楽しいですね(^^*)。

◇◇◇

次回は、具体的な飛行機の便を決めていきます。

お楽しみに!

独創的ベースプレイヤー「ビリーシーン」が大好きで、彼のプレイスタイルを研究して30年以上になります。2019年秋から原因不明の眩暈と手足の脱力に悩まされており、現在療養中ですが、少しずつでも更新していきたいと思います。

ぢゃっくをフォローする
メルマガ「ドッグキャンプへの道」
ぢゃっくをフォローする
ビリーシーンスタイル・ベースの探求

コメント

タイトルとURLをコピーしました