第2回 フルムーンリゾートについて調べてみた

メルマガ「ドッグキャンプへの道」
ぢゃっく
ぢゃっく

こんにちは、ぢゃっくです。2015年夏に参加したドッグキャンプ、5月から渡米する7月までの約2ヶ月間、約70回にわたって配信したメールマガジン「ドッグキャンプへの道」の内容をシェアしていこうと思います。

第2回は開催地フルムーンリゾートについて

今回は、ドッグキャンプの開催地、「フルムーンリゾート」についてシェアしますね。

 ◇◇◇

フルムーンリゾートは、大自然に囲まれたキャンプ場です。

深い森林、広大な丘、美しい小川。その名の通りのリゾートです。

音楽セミナーキャンプだけでなく、結婚式なども行われるようです。

地理的には、自由の女神があるマンハッタンから、ハドソン川沿いに200kmほど北上したキャッツキル山地の中にあります。

日帰りで気軽に行ける避暑地として、ニューヨーカーに人気なのだとか。

最近なにかと話題のドローンで、フルムーンリゾートを空撮した動画がありました。

見渡す限り、深い緑の美しい山々。迷い込んだら・・やばそうです。

最寄りは、ビッグインディアンという町です。

1969年の野外ロックフェスが有名なウッドストックもこの近くです。

 ◇◇◇

場所が具体的に分かってくると、不安も募ってきました。

どの旅行ガイドブックを見ても、一切、載っていないんです。

インターネットで調べても、日本語のページは全く見つからず。

英語のページでさえ、公式サイト位しかないのです!

ということは、少なくとも 日本人がほとんど行かない場所だということは間違いありません。

現地に詳しいガイドさんがいるわけでもないですし、初の海外一人旅、初のアメリカ、初めてづくしの僕にとっては、前人未踏のジャングルをひとりで切り開いていくようなものなのです。

 やっぱり無謀か・・・(–;)

とくじけそうになりましたが、ネットで検索するキーワードを変えてみたり、直接、フルムーンリゾートに英語メールで問い合わせたりして、疑問点を少しずつ解消していき、これを書いている現時点では、

なんとか行けそうだ!(^o^)

という状態までこれました。

詳細は、また別記事にて。お楽しみに。

 ◇◇◇

余談ですが、ビリーの故郷であるバッファローは、ここからさらに北西に500kmほど。

バッファローは、五大湖のひとつ、エリー湖の東岸にある町で、かの有名な「ナイアガラの滝」に近く、カナダとの国境も目の前です。

なんと、それでも同じニューヨーク州なんだそうです!

さすがアメリカ。スケールの大きさが違いますね。(^^;)

Full Moon Resort 公式サイト
http://www.fullmoonresort.com/intro.html

 ◇◇◇

次回は、申し込む前に決めるべき「あること」について書きますね。
お楽しみに!

独創的ベースプレイヤー「ビリーシーン」が大好きで、彼のプレイスタイルを研究して30年以上になります。2019年秋から原因不明の眩暈と手足の脱力に悩まされており、現在療養中ですが、少しずつでも更新していきたいと思います。

ぢゃっくをフォローする
メルマガ「ドッグキャンプへの道」
ぢゃっくをフォローする
ビリーシーンスタイル・ベースの探求

コメント

タイトルとURLをコピーしました