MR.BIGでワイフ・ベースを弾く貴重映像!

こんにちは、ぢゃっくです。

ビリーがMR.BIGのステージで、ワイフ・ベースを使っている動画を見つけました!

Addicted To That Rush

いやあ、これは初めてみました。びっくりです。

1989年にリリースされた1stアルバム「MR.BIG」のジャケットや、当時公開されていた「Addicted To That Rush」のPVでは、デイヴィッド・リー・ロス時代からのピンクのヤマハBB3000S改でした。

ワイフは既に完全引退していて、アティテュードを使い始めるまでは、このBBオンリーだとばかり思っていました。

YouTubeのおかげで、実際には、デイヴィッド・リー・ロス時代にもBB3000改とワイフを併用していたことが分かってきましたが、

それでも、MR.BIGのライヴでワイフを使っていたのは、おそらく本当に初期の初期だけ!だったのではないかと思います。

ステージング、サウンドを含めて大変貴重な動画ではないでしょうか(´▽`*)。

▼過渡期の貴重映像

1989年のライヴのようですから、1stアルバムのリリース直後です。

楽曲構成は、完全ライヴ収録アルバムの第1弾である「LIVE! RAW LIKE SUSHI」とほぼ同じですね。

このライヴアルバムに収録された音源は、RUSHのツアーに帯同した時のもので、1990年6月となっていますが、ジャケットやブックレットの写真は既にアティテュードなんですよね。

1stアルバムがリリースされたのが、1989年5月ごろです。アティテュードに移行したのがいつ頃なのかは、厳密にはわかりませんが、

最長でも約1年間だけの過渡期を記録した貴重映像

といえるのではないでしょうか。

暗くてよくわかりませんが、アンプ・キャビネットはアンペッグではなさそうです。アンペッグSVTの前には、JBLというのを使っていたようなので、この大口径キャビネットがそれでしょうか。

歪みは、ピアースG1だと思われます。

ワイフは、独特の太いサウンドで、アティテュードとまた違った良さがありますね。

▼珍しい楽曲がたくさん

さすが結成当時だけあって、ビリーを含めてみんな若々しくて、エネルギーに満ち溢れています。

ビリーも今より弾きまくりですね。ポールのギターよりも音がデカくて太いという(笑)。

個人的には、「Merciless」の動画が見られたことに、すごく感激しました。

Merciless

また「RAW LIKE SUSHI」には収録されていない「Wind Me Up」もやっています。

Wind Me Up

カヴァー曲もたくさんやっていて、「Train Kept A Rollin’」というのは初めて聴きました。ヤードバーズなんですね。

Train Kept A Rollin’

こちらはロイ・ブラウンのカヴァー。これも初めて聴きました。

Good Rockin’ Tonight

1:24から始まるポールとビリーの怒涛のユニゾンが凄まじいです。ペンタトニック・スケールをカッコ良く弾く好例だと思います(´▽`*)。

ライヴのカヴァー定番曲である「Shy Boy」や「Baba O’Riley」もこの当時からやってるんですねー。YouTube関連動画に他にも出てきますので、ぜひチェックしてみてください。

▼ドッグキャンプへの道

毎日絶賛配信中です。何のこと?と思った方は下の画像をクリックして確認くださいね♪

road_to_dogcamp_logo

もし参考になりましたら、TwitterやFacebookなどでシェアしていただけたら嬉しいです(´▽`*)。


ぢゃっく

独創的ベースプレイヤー「ビリーシーン」が大好きで、彼のプレイスタイルを研究して30年以上になります。2019年秋から原因不明の眩暈と手足の脱力に悩まされており、現在療養中ですが、少しずつでも更新していきたいと思います。

ぢゃっくをフォローする
ビリーの動画紹介
ぢゃっくをフォローする
ビリーシーンスタイル・ベースの探求

コメント

タイトルとURLをコピーしました