フォーフィンガーに挑戦してます!

ピンポイント解説

こんにちは、ぢゃっくです。

ここ2年ほど、ちょっと集中して練習していたコトがあります。それは・・・

フォーフィンガーピッキングです

ビリーがスリーフィンガーだけではなく、フォーフィンガーも駆使することは、ビリーを知った当初からわかっていましたが、

ビリーとは小指の長さが違うし、さすがにフォーフィンガーはどんだけ頑張っても無理だわ・・・( ;∀;)

と、ずっと思っていました。

でも、このままチャレンジせずに諦めるのもなあと思い始めて、ちょこちょこ練習してたんです。

そしたら、なんと・・・・少し使えるようになってきたんですよ!(*´▽`*)

それでアップした動画がこちらです。

1988年リリースのデヴィッド・リー・ロスのセカンドアルバム「Skyscraper」の3曲目「The Bottom Line」から。ギターソロ終わりのブレイクに入ってくるベース・ソロ部分です。

この曲、基本はキーがGmなのですが、ギターソロからBmキーに転調して、ここもその流れで、Bナチュラル・マイナー・スケールとフォーフィンガーピッキングを使ったスーパー速弾きフレーズになっています。

まだ聴いたことない!という方は、是非一度、原曲も聴いてみてくださいね。

長さは短いのですが、圧倒的な速さと音の密度・・・・とてもベースとは思えないフレーズです。

初めて聴いたときは、「Shy Boy」のソロよりも衝撃だったかも・・・なんじゃこれはと(笑)。

弾き方は知ったのは16歳の時でした

このフレーズの弾き方は、ビデオ「BILLY SHEEHAN IN JAPAN」の中で、ビリー本人が解説してくれています。僕が16歳の時、初めてビリーのことを知ったビデオです。

ベース・クリニックの質問コーナーで、こんなシーンがあったんですよね。

(引用:https://www.youtube.com/watch?v=8c-ACeXbZg4)

このお二人はステージに上げてもらって、ビリーから直々に教えてもらえることに。ベース・クリニックって、こんなことできるんだ!スゴい!と思いました。

(引用:https://www.youtube.com/watch?v=8c-ACeXbZg4)

目の前で弾いてくれます。最初はスリーフィンガーで、続いて、フォーフィンガーです。

(引用:https://www.youtube.com/watch?v=8c-ACeXbZg4)

小指から人差し指までのワンストロークで5音(1弦4音+2弦レイキング1音)を一瞬で鳴らします。ウッドペッカーの鳴き声みたいに聴こえます(笑)。

(引用:https://www.youtube.com/watch?v=8c-ACeXbZg4)

いやはや、笑うしかありません。(;´Д`)

僕は、このシーンが特に大好きで、文字通り、ビデオテープが擦り切れるほど繰り返し見てましたね。

速弾きの凄さに圧倒されるのはもちろんですが、「いつか自分もビリーのベース・クリニックに行って直接質問したい!!」という思いが強くなっていきました。

「BILLY SHEEHAN IN JAPAN」の映像は、YouTubeで見られますので、是非一度、ご覧ください。8:20あたりからです。

参考になれば嬉しいです♪(*´ω`*)

コメント

タイトルとURLをコピーしました