BURRN!のMR.BIGインタビュー記事に感動

ニュース

こんにちは、ぢゃっくです。

偶然立ち寄った本屋さんで何とはなしにBURRN!を手に取ったら、MR.BIGのビリー、ポール、エリックのインタビューが掲載されてて即買いしました。

24ページの大ボリューム!

コロナ禍になってから、MR.BIGのインタビュー記事は初めて読んだ気がします。

2017年ジャパンツアーのBOXセットが発売されるということで、そのときの思い出もたくさん語られていました。

幸運にも2017年ジャパンツアーは、最終日の広島公演に行けたので、パットの最後の雄姿を間近で見ることができました。最高のライヴでした。本当によかったです。

BOXセット欲しいなあ・・・・他の会場の音源もまとめて聴けるなんて!

さて、ビリーのインタビューですが。

初めて聞くようなエピソードが盛りだくさんで、かなりビックリしました!

パット・トーピーとの貴重なエピソードやツアー中の苦悩など、本当に二人の絆の深さが伝わってくる内容でした。

一番びっくりしたのは、デヴィッド・リー・ロス・バンドにパットが関わっていたという話でしたが(笑)。ちょっとそこだけ引用します。

初めてパットに会ったのは、ディヴィッド・リー・ロスの「SKYSCRAPER」(1988年)のツアーのバッキング・ヴォーカルを歌った時だ。俺がバンドを辞めた日の朝にパットに会って、ライヴで使うサンプラー用に「SKYSCRAPER」のバッキング・ヴォーカルを一緒に歌ったんだ。

「BURRN!」2021年4月号

これは全く知りませんでした!

このことがキッカケで、MR.BIG結成時にパットに声をかけたそうです。

理由は「彼が素晴らしい声の持ち主だとわかっていたから」だとか。

MR.BIGのコンセプトにピッタリのエピソードですね。(*´ω`*)

あと、TALASv2の新アルバムもレコーディング終了して、ミキシング中だそうです。

TALASv2のアルバムは「Live Speed On Ice」のライヴ音源だけで、スタジオレコーディングした音源はないんですよね、たしか。

こちらも楽しみです♪(*´ω`*)

ぢゃっく

独創的ベースプレイヤー「ビリーシーン」が大好きで、彼のプレイスタイルを研究して30年以上になります。2019年秋から原因不明の眩暈と手足の脱力に悩まされており、現在療養中ですが、少しずつでも更新していきたいと思います。

ぢゃっくをフォローする
ニュースビリーの近況
ぢゃっくをフォローする
ビリーシーンスタイル・ベースの探求

コメント

タイトルとURLをコピーしました